検索
  • Takako

長襦袢と着物のサイズが合わなかったらどうしたらいい?


どなたかから譲っていただいた着物や、リサイクルショップなどで購入した着物は、サイズがバラバラだったり、袖の長さが違うことってありますよね。そして、長襦袢の袖が着物の手首のところから出てきたり、袖の後ろから出てきたり…。気になりますよね。

持っている長襦袢と着物を全て同じサイズで誂えるわけにもいかないし、どうしよう~!

そこで、おすすめなのが筒袖の半襦袢。半襦袢は長襦袢より丈が短く、上半身だけ用のもの。筒袖は袖が短いので、多少袖が短い着物を着ても見えません。筒状になっているので、後ろから出ることもありません。洗濯もできて、持っていると便利な一品。私も愛用しています。

こちらはシンプルな袖の半襦袢。半衿がついています。サイズはMとL。海外発送可。

続いて袖がレースになったもの。半衿がついています。私は付属の紐は使わず、切ってしまいます。私のレッスンを受けてくださった皆さんは、紐の位置に違和感を感じるはず。サイズはM~LLまで。海外発送可。

上と同じところが販売していますが、こちらは衿が立体裁断になっているそう。こちらも半衿付きで、サイズはM~LLまで。海外発送可。

胸が大きい方や、今持っている長襦袢が小さいなと感じる方にも半襦袢はおすすめなんです。半襦袢の衿を合わせる時に、余裕を持って胸を覆うことができるんです。長襦袢ですと下の方の布がついてこないこともありますが、半襦袢は左右の脇にスリットが入っているので布が動きやすいし、スリットをほどいてもっと深くするともっと余裕ができます。

気になる方は、ぜひ試してみてください。上記と全く同じものではありませんが、私もいくつか持っていますので、実物を見たい生徒さんは気軽におっしゃってくださいね。

Have a happy kimono life!

#着物 #Kimono #長襦袢

245回の閲覧

最新記事

すべて表示

着物を着る機会

Hello! アメリカ・オレゴン州の着物講師・和文化コーディネーター、エルティング孝子です。 着物って着てみたいけど着る機会ないし…いつ着たらいいの?と聞かれることがあります。 着物を着る機会は…あります!いつでも着ていいんです!(声を大にして!) 「Enjoy!! KIMONO」をテーマに、国籍、性別、年齢を問わず世界中の方に着物の楽しさを発信している、京都の呉服店きもの京小町の店主、村井さん

Blog ブログ

  • w-facebook
  • White Instagram Icon

Follow Me:

© 2018  by Traditions by Takako All rights reserved.